TOPページへ
ふき 綜 成 苑
 セレクトサポートシステム


利用者と家族がサポート内容を、状況により自由に選べるシステム
自立に向け障害者総合施設のメリットを最大限活かす

セレクトサポートシステム

区切り線
  ■授産活動グループ

区切り線

 目的・目標
   仕事を通じて参加意欲を高め、社会的・経済的自立への到達を目標とする。

 木 工
   木の暖かさや手触りを感じるとともに、地場産業と同じ仕事をすることにより、
  社会参加する機会を持つことができる。

   白丸主な仕事内容
      建具材、フィンガー芯、一本芯等
   白丸自主製品
      まな板、本立て、プランター、写真フレーム等

 軽 作 業
   流れ作業を行うことにより、自分以外の人との関わりを持つことができ、
  社会性が向上する。

   1 主な仕事内容
弁当箱 弁当箱の袋詰め
タワシ タワシの帯巻きや袋詰め
米油 米油の詰め替え、飴・米糖クリーム等の袋詰め

 特  徴
   (1) タイムカード
   (2) リーダー
   (3) 有休制度
   (4) 皆勤賞の表彰
   (5) レクリエーション


 ページ先頭へ


区切り線
 ■作業訓練グループ

区切り線

 目的・目標
   第1に、個々の能力、可能性を把握し長所を発展させることに重点を置きます。
   第2に、指導内容を反復させながら、一つでも多くの項目に取り組めるようにし、
  また、時間的においても持続性を持てるように取り組みます。
   第3にレクリエーションを通じ、相手を思いやる心を育て、準備片付けの必要性を
  学んでもらいながら,集中する環境と自分で物事を考えることを学習してもらいます。

 全 体 活 動
   ボールレク・ビンゴゲーム・新聞クッション作り・歌・リズム遊び・箱積み・ペットボトルレク・
  屋外散策等を行うことにより、楽しい雰囲気で取り組む体制をつくり、また、仲間とのコミュ
  ニケーションを大切にし、知識や興味を引き出します。

 製 作 活 動
   ガク作り・しおり作り・シールはり・石人形作り・ミニ座布団作り等個々にあった
  創作活動を行います。また、簡単な袋詰作業(他社製品)を行うことにより、作業に
  必要とされる協力や自主性を養い、且つ、給料をもらう喜びを実感してもらいます。

 作 業 訓 練
白丸 数的訓練 …… あめ・積み木等を使い、取り分けや数読みを個々に応じた
目標を設定し取り組みます。
白丸 色的訓練 …… 積み木・絵の具・色紙等を使い、色及び大小の感覚を重点的
に取り組みます。
白丸 折りたたみ訓練 …… 画用紙・タオル等を使い、鶴や船等を創作し、又、それを装飾
することにより正確性を養うように取り組みます。



 ページ先頭へ


区切り線
 ■日常生活支援グループ

区切り線

 目的・目標
   日常生活の中でコミュニケーションを図りながら、自立に向け基本的な生活マナーを
  身につけます。遊びを通して文字や数の学習をし、楽しく活気のある一日を過ごせるよう
  支援していきます。

 効 果
   基本的な生活マナーが身につくことにより、本人の自立への自信となり意欲へと
  つながります。グループや個別学習において協調性や集中力、持続性を養います。

 活 動 内 容

   1 日常生活マナー練習
食事マナー練習 スプーンや箸の使い方、こぼさずに食べる
着脱練習 着脱、衣服のたたみ方
洗面・入浴練習 手洗、うがい、歯磨き、洗顔、洗髪、洗体、整髪、髭剃等
排泄練習 トイレの使い方、ペーパーの使い方、後始末
後片付け練習 遊具の片付け、食後の片付け

   2 あそびと学習
リズム遊び 音楽に合わせて体を動かしたり楽器を使うことにより、
楽しみながら協調性を養います。
数字や文字の学習 遊びやゲーム、個別学習を通して、数字や文字の習得を
目指します。
創作活動 楽しみながら作品作りをすることにより、達成感を味わい
自信を養います。
個別訓練 訓練を通して、集中力や持続力を高めます。
食事訓練 スプーン練習としてビーズいれ。箸の練習としてスポンジ
をはさむ。
指先訓練 キャップはめ、洗濯バサミ使い、スポンジの袋詰め


 ページ先頭へ


区切り線
 ■介護支援グループ

区切り線

 目的・目標
   指導員と利用者の考案による快適でくつろげる空間・環境作りを心掛け各活動を行う。
  色々な体験・経験をしてもらう事を目的とし、家庭で過ごすような安心感を持って過ごせる
  事を目標とする。

 対象となる利用者
   重度利用者を対象として活動する。

 利用者の方に対する効果
   生活リズムの安定をはかり充実した生活をおくってもらう。色々な事を経験することにより
  刺激を感じてもらう。

 指 導 内 容
   介助・援助において残存機能の低下を防ぐ為、また本人の自立に向け自力で行うことを
  優先とした介助・援助を行う。

 指 導 員 数
   日中活動2名(送迎・食事介助・入浴時には指導員数増員)

 今後の新しい取り組み
   入浴回数を増やして欲しいとの要望が多いため今後は、月3回入浴を行う。
  入浴を希望しない希望者については、他の活動を利用したり介護支援グループでの活動を行う。
  (現在のデ イサービスでは、1人につき月2回)
   現在の週2回のデイサービスの活動にプラスし、保護者のレスバイトケアを目的として
  1人につき月2回までのレスパイ ト利用を行う。(保護者送迎)希望日の2週間前までに
  希望の日を聞いて調整し利用してもらう。


 ページ先頭へ


区切り線
 ■運動支援グループ

区切り線

 目的・目標
   苑生の運動機能の低下や肥満等の防止、更には機能向上、運動不足や
  ストレス解消等を目的とする。

 効 果
   継続的に運動を実施することにより体力が強化され、精神的活動性の低下
  を予防できる。

 運 動 内 容

   1 ラジオ体操・ストレッチ運動・みんなの体操
      全員で実施

   2 個人別運動の充実
      月間の個人別運動チェック表の導入

   3 リフレッシュ運動の充実
      希望者、運動不足になりがちな苑生を中心として、
      みんなで楽しめる運動を実施

   4 ウォーキング運動の実施
      生活習慣病にかかる可能性がある苑生を中心として、
      苑周辺を散歩する。

   5 なわとび運動
      肥満気味の苑生、希望者を中心に夕食後の余暇に実施。


 ページ先頭へ


区切り線
 ■趣味活動グループ

区切り線

 目的・目標
   グループで趣味を楽しむことにより、日常生活の活性化と社会性の促進を目指し、
  苑生の方に合った楽しみを創造する活動を提供することにより、自信を持ち活き活き
  とした積極的な生活ができるようサポートします。

 効 果
   豊かな感受性を育て、身体能力の向上や心理的効果があり、集中力を高め、ストレス
  の解消および自信と自発性を高め、グループ活動で楽しさを共感することにより、協調性・
  寛容さなどを育み、友人関係の拡大、孤立感の解消につながります。

 音 楽 活 動

   白丸 音楽鑑賞
      リラクゼーションミュージックを聞き、同時に大画面のスクリーンに映し出される
     映像を見ながら、心身のリフレッシュをはかります。

   白丸 カラオケ
      好きな歌をうたい、ストレスを発散します。また、苑内だけでなく、カラオケボックス
     も利用します。

   白丸 ミュージック・セラピー
      リズム遊びを通じて、身体機能の回復をはかることを目的とします。

   白丸 ミュージック・ベル
      音階別のベルを各自一個ずつ持ち、簡単な曲を演奏します。また、グループ活動
     の楽しさを共感してもらいます。

   白丸 手話コーラス
      四季の歌に手話をつけて歌いながら手話の勉強をします。

 創 造 活 動(アート)

   白丸 絵画活動(スケッチ)
      小川先生の指導のもとに、綜愛苑の苑生の方と共に静物画を描きます。

   白丸 写 真
      苑内外を問わず好きなものを自由に撮ってもらいます。

   白丸 創作活動
      いろいろな素材を使い、ひとつの作品を作り上げます。

   白丸 クッキング
      毎月2回、少人数で楽しくお菓子をつくります。

   白丸 映画鑑賞
      最近の話題作や皆さんに喜んでもらえるような映画を上映します。


 ページ先頭へ


区切り線
 ■農耕園芸グループ

区切り線

 目的・目標
   自ら土を掘り起こしたり、配合したりする農耕作業は、怒りやストレスといった感情
  のはけ口となり、また植物は愛情を注いで世話することに応じてくれ、目で見て手で
  触れることのできる分かりやすい存在です。
   花が咲き、実がなり収穫する喜びを仲間と分かち合える事で、仲間意識が芽生え、
  人とふれあうポジティブな体験が増えます。


 効 果
   自主的に土と触れ合うことにより、あるいは植物を育てることで自分に対する信頼感
  が生まれ、心身の機能レベルが高まる効果が期待でき、また農耕作業を通じての運動は、
  体力作りにも効果があります。
   そしてグループ活動への参加を通じて、強調性を養いながら、活動レベルをあげ、適切な
  行動をとれるようになっていきます。


 ページ先頭へ


区切り線
 ■自立支援グループ

区切り線

 目的・目標
   自立生活に必要な社会的マナーや能力を身につけ、地域や社会での生活に必要な
  コミュニケーションや社会的ルールの習得を支援します。

 効 果
  生活能力や社会性を養い、今まで以上に自信や意欲を高め自立心を向上させます。

 活 動 内 容

   1 日常生活マナー練習

洗濯全般 洗濯機、乾燥機の使い方や洗濯物の干し方、たたみ方等
を練習します。
清掃全般 掃除機かけ、拭き掃除、モップがけ、ゴミ出しをします。
整理整頓 衣服、履物の整理や部屋の片付け、私物管理を行います。

   2 コミュニケーションと学習

数の学習 買い物演習を行い、金銭感覚や買い物のルールやマナーを
学びます。
文字の学習 読み書きの練習により文字の学習に努めます。
創作活動 いろいろな作品を作ることにより、興味や可能性を引き出し
ていきます。
クッキング メニュー、材料選びから調理、後片付けまでを学習します。
社会的ルール 野外活動に参加し、社会ルールやマナーを学んで行きます。
コミュニケーション 苑内外の活動を通してコミュニケーションの機会を増やします。


 ページ先頭へ