つわぶき男の子 つわぶき女の子
トップ
概要
施設サービス
各種サービス
カウンセリング
ルーム愛
たより
ギャラリー
イベント
和歌山市障害者
父母の会
関連リンク
お問い合わせ
「つわぶきの花の
 ように」CD
オフィス・サプライ
幸せの絵はがき
洗剤売ってます
T-LABOサイトに
きくらげレシピ


About Us
カレンダー


和歌山市障害者父母の会 >父母の会とは?

ふき 和歌山市障害児者父母の会
  父母の会とは?

区切り線
 ■父母の会とは?

区切り線
   知的発達の遅れやからだに障害のある子の親や保護者が集まり、
  お互いに助け合いながら、障害児者の治療・保護・教育を促進し、
  障害児者の幸せと福祉の向上のために努力します。


区切り線
 ■父母の会の主な活動

区切り線
   父母の会の活動方針は、毎年開催される総会において決定されます。
   春と夏の親子のつどい(旅行)、水泳訓練、クリスマスパーティなどが
  年間の主な行事ですが、このほかにも、行政や施設、団体などが主催する
  行事・スポーツにも参加しています。
   また、相談員による相談事業や調査研究、収益事業などは年間を通して行っています。


               和歌山市障害児者父母の会ロゴ



区切り線
 ■父母の会の歩み

区切り線
  昭和34年 「小児麻痺から子供を守る会」
       会長 那賀郡 中尾とし子
       県庁、医大、教育委員会に陳情
       新薬の輸入のソビエト連邦首相ブルチショフに嘆願書
       同時にポリオ生ワクチン輸入、使用運動を開始

  昭和36年 ポリオ生ワクチン緊急輸入
       古井喜実厚生大臣
      「平常時守らなければならぬ一線を越えて
       行う非常対策の責任はすべて私にある」
       和歌山県は、全国に比べ、早く導入。
       全国で1300万人の子供に投与
       大流行が沈静化した

  昭和39年 和歌山市心身障害児父母の会結成
       ポリオだけでなく、聴覚、視力、重度、肢体、
       知的障害者の父母が一つとなって団結した

  昭和42年 障害児相談員制度設置
       和歌山市役所では全国に先駆けて障害児相談員制度が設置され
       和歌山市障害児者父母の会会員が相談員として
        ピアカウンセリングを行った。

  昭和54年 共同作業を開始
       和歌山市健保全会館で共同作業を開始。

  昭和55年 父母の会共同作業所を開設
       和歌山市向の芝 身体障害者公園内に共同作業所を開設。

  昭和58年 社会福祉法人つわぶき会を結成
       和歌山市障害児者父母の会を母体として
       社会福祉法人つわぶき会を結成。

  昭和59年 つわぶき授産工場開設
       全国で初めて、当時法体系の違う身体障害者と
       知的障害者合同の施設を開設した。

  昭和60年 小倉園の経営を受け継ぐ
       小倉園は昭和55年に開園されたが、経済的破綻により
       和歌山市障害児者父母の会が経営を引き継いだ。

  昭和60年 和歌山市障害児者親子の集い始まる
       和歌山市主催より委託を受け和歌山市障害児者親子の集いが
       始まった。その後毎年続いている。

  平成23年 和歌山県知事表彰受賞
       和歌山市障害児者父母の会が団体として
       和歌山県知事表彰を受賞。

  昭和62年 常陸宮・同妃両殿下お成り
       つわぶき授産工場に常陸宮・同妃両殿下がお成りになられた。

  平成 6年 綜成苑開設
       障害者総合施設として開設。

  平成 7年 「和歌山市障害児者父母の会」に改名

  平成 7年 故岩橋正純会長が藍綬褒章を授与
      
永年の功績が認められ故岩橋正純会長が
       藍綬褒章を授与。

  平成14年 綜愛苑開設
      
障害者が高齢になっても対応できる施設として開設。

  平成19年 相談支援事業を開始
       和歌山市より委託を受け、相談支援事業を開始。

  平成22年 福祉就労センターつつじが丘苑開設
      
障害者の就労の場として開設。

  平成23年 和歌山県知事表彰受賞
      
和歌山市障害児者父母の会が団体として
       和歌山県知事表彰を受賞。

  平成23年 故岩橋正純会長が旭日双光章を授与
      
永年の功績が認められ故岩橋正純会長が
       旭日双光章を授与。

  平成25年 グループホームつつじが丘開設
      
障害者の住まいの場として開設

  平成25年 和歌山環境賞を受賞
       つわぶき授産工場が廃食油を回収してバイオディーゼル
       製造している取組が認められ県知事より環境賞が授与
       された。

  平成26年 和歌山市長表彰受賞
      
和歌山市障害児者父母の会が団体として
       和歌山市長表彰を受賞。

  平成27年 T−LABO ・ T−JOB開設
       
障害者の就労スキルを養成する場
       
地域とのコミュニケーションを図る場として開設。